言語
CareDrive > 情報センター > 業界ニュース >

中国中部の35人を殺すバス事故の様子:乗客の安全をどう確保するか

見出し

これは、中国全体と政府がそれに最大限の注意を払い、これを調べる特別調査団(事故の原因となる可能性のあるもの)をすでに構築していることに衝撃を与える非常に苦痛で悲しい事故である。 6月26日午前10時20分ごろ

これは、中国全体と政府がそれに最大限の注意を払い、これを調べる特別調査団(事故の原因となる可能性のあるもの)をすでに構築していることに衝撃を与える非常に苦痛で悲しい事故である。

6月26日午前10時20分ごろ、中華人民共和国湖南省のイジャン郡で、乗客57人を乗せたツアーバスが高速道路のガードレールに衝突し、3分で火炎に遭う。少なくとも35人が死亡した4人が重傷を負った。
中国中部の35人を殺すバス事故の様子:乗客の安全をどう確保するか

私たちは心から悲しんで、死者のために祈って、事故で負傷しました。しかし同時に、このような問題に高い関心を持ち、ドライバーとしても乗客としても安全意識を高めるようにしなければなりません。それは本当に私たちとの直接の関係を持つ大きな問題です。

中国のオンラインでは、この事故報告をインターネットで29万人しか読んでいないと報告されています。このことから、国民はこれに細心の注意を払っておらず、100万の割合しか起こらないチャンスイベントと考えていることが分かる。実際には、無視してほとんど関心を示さなければ、それは常に成立する理由があります。この事故を見てみましょう。そして、本当にそれがすべての食べ物に思考を与えることを望みましょう。このバスには何が起こったのですか?なぜそれがコントロールを失ったのですか?なぜ乗客がバスに乗って出て行けないのか?これらはすべて調査されるべき問題です。

負傷した生存者によると、コーチが路側の障壁に衝突した後、運転手はドアを開けずに脱出する最初の人だった。閉じ込められた乗客は、窓を壊すために安全ハンマーを見つけようとしていたが、誰も見つけられなかった。これは、乗客の不成功につながる。運転手は捜査中に拘留されている。根本的な原因は未確認のままであるが、これまでには明らかにされていないが、乗客の安全をどう保護するかのような疑問は私たちの心の中で忘れ去られ、黙想に至るだろう。

バスのセキュリティ設計は真剣に取り組まなければならない問題です。この機会に、バスには正面玄関しかありませんが、事故で乗客が出かけるのは非常に不便でした。また、安全看板には、扉を手で開けたり開けたりする方法や、緊急ハンマーのような安全装置を非常に明白な場所に置いて、乗客が容易に見つけることができるようにする必要があります。

この事故での運転手のパフォーマンスは、本当に心配していた。それは悲劇につながる別の主な理由です。運転中に運転手が眠気や疲れた状態で巨大な可能性を持っていたことが聞こえました。運転者の眠気は、交通事故を引き起こす最も一般的な理由の1つであり、交通機関の管理においてホットトピックと問題として残っています。この事故は、輸送会社がドライバーの疲労管理にはまだまだ良い解決策を欠いていることを示しています。ドライバーの眠気を検出してモニターし、ドライバーの災害を早期に警告するドライバーアシスタンスシステムは、中国ではまだ人気がなく、つかいます。一部の企業では、この技術は高価だと考えるかもしれませんが、長期的に見れば、コストを削減し、損失を避けたり、評判を損なうことさえ避けることができます。さらに、ドライバーの性格、専門性、責任は職業において非常に重要な資質です。運転手にバス会社からの専門的なセキュリティトレーニングがありますか?どのようにドライバの資格を確保するには?それは輸送会社だけでなく関連する交通部門にも挑戦する別の問題です。運転手にバス会社からの専門的なセキュリティトレーニングがありますか?どのようにドライバの資格を確保するには?それは輸送会社だけでなく関連する交通部門にも挑戦する別の問題です。運転手にバス会社からの専門的なセキュリティトレーニングがありますか?どのようにドライバの資格を確保するには?それは輸送会社だけでなく関連する交通部門にも挑戦する別の問題です。

最後に、ほとんどの市民は緊急時に生き残るための訓練が不足しているため、人々は危機感を感じさせません。上記のように、インターネット上の29万人の人々だけがこのトピックについて読んでおり、懸念事項は一般に公開されていました。これとは対照的に、飛行機の各座席の安全は慎重に研究されており、どこでもインターネット上で見つけることができます。また、バス上でこれについての非常に明白な指示があるべきであり、人々が異なる座席で自分自身を助けさせるようにするべきである。誰もがこの知識を持っているはずです。

Tags:
フォローする
Top