言語
CareDrive > 製品 > ドライバー疲労モニターMR688 > RS232 >

MR688-RS232バージョン

ドライバー疲労モニターMR688-RS232バージョンは、RS232通信プロトコルを介して接続するAVLシステム上のRS232インターフェースを備えた商用フリート用に設計された安全な駆動システムです。MR688-RS232は、MR688標準バージョンのような機能の他に、ドライバーの眠気を検出するとオフィスのフリート管理センターに追加の画像出力を行います。疲労画像は、運転者の実際の状態を確認する証拠となり、管理センターが運転者の安全性とパフォーマンスをさらに向上させるのに役立つ他のデータとともに役立ちます。

主な特徴

  • インタイムドライバスリープアラーム。
  • 運転者は周囲を見渡し、非集中アラームを発する。
  • DIPスイッチまたは手動設定器によるアラーム速度設定。
  • 過度のスピードを思い出させる。
  • アラーム感度設定または音量設定。
  • AVLとの接続方法はRS232通信プロトコルであり、お客様のAVLシステムにはRS232インターフェイスが必要です。
  • フリート管理システムへの出力ドライバの疲労画像。
  • GPSモジュールに接続できません。AVLシステムは車の速度を検出してMR688に通知することができます。それは速度を検出するためにGPSモジュールを必要としません。
  • お客様は、RS232通信プロトコルを適用するために、AVLシステムのソフトウェアおよびエンジニアを改訂する機能が必要です。
  • 電源接続と信号出力:4ピンケーブル。
  • 付属品:4ピンケーブル。
  • ツール:手動設定器、データ収集ボックス、1人の顧客には1セットが必要です。
  • RS232バージョンは、Civil Standard VersionおよびCommercial Professionalバージョンと比較して、適用が複雑で時間がかかります。

外観と表示

構成部品

ディップスイッチの設定

1.感度設定:

目の追跡モニタMR688の最初の経験とテストでは、目を閉じると直ちに警告を受け取ることを望むかもしれませんが、システムに高い感度があることがわかります。事実、特定の時間の使用後、意図しない瞬きや偽の睡眠によって引き起こされる非眠り警告であり、実際の眠い状態のためにのみ警告を好むため、これが中断することがあります。そのため、お客様は2つの感度レベルを設定して、要件に応じて便利に調整することができます。各レベルについて、  反疲労警告MR688は、実際の眠気や不在状態を迅速かつ正確に検出することができます。唯一の違いはアラート応答時間にあります。

上の写真を見てください、トグルスイッチは製品の背面にあります、それは出荷前にオフの位置にプッシュされます。

1A:DIP1 = OFF(プルダウン)、テスト感度(高感度、テスト用)、運転者の睡眠や注意散漫を検出すると約2〜3秒でアラームが鳴ります。

1B:DIP1 = ON(プルアップ)。通常の感度では、運転者の眠気や不注意が発生した場合、約4-5秒の間にアラームを発するのに少し時間がかかります。

2.ボリューム設定:

オペレータのさまざまな要件に応じて、音量はDIPスイッチ4(DIP-4)を調整することで設定できます。

4A:DIP4 = OFF(プルダウン)、大音量。

4B:DIP4 =オン(プルアップ)、低容量。

3.疲労警報速度設定:

クライアント機器からポート232を介してMR688に提供される速度信号

DIP2およびDIP3スイッチ、疲労警報速度設定(車速が警報速度よりも低い場合、警報がない場合、駐車時、逆転時、低速検査時、自動警報なし)

DIP2 = OFF(プルダウン)、DIP3 = OFF(プルダウン)のいずれかの速度でアラームが発生します。

DIP2 = OFF(プルダウン)、DIP3 = ON(プルアップ)、20KM / H以上のアラーム。

DIP2 = ON(プルアップ)、DIP3 = OFF(プルダウン)、30KM / H以上のアラーム。

DIP2 = ON(プルアップ)、DIP3 = ON(プルアップ)、45KM / H以上のアラーム。

メッセージを残す

以下のフォームでお問い合わせください。私たちは24時間以内に返信いたします。

  • *
  • *
  • *
ここに表示される文字を入力してください:
フォローする
Top